織光商事株式会社 ORIMITSUはペット用牧草メーカーのパイオニアです。
新着情報
商品紹介
牧草
フード
おやつ
牧草情報
会社案内
カタログ
お問い合わせ
牧草情報
トップ > 牧草情報
牧草情報
 牧草とは、家畜に食べさせる草のことですが、飼料として栽培されるものや、野生のものなどがあり、その種類は数10種に及びます。大部分はイネ科(チモシー、スーダン、オチャードなど)とマメ科(アルファルファ、クローバーなど)に属します。

 酪農牧場などでは刈り取り直後の生の牧草(fresh forage)を使用しますが、そのほとんどが天日乾燥され、長期保存に耐えうる干し草、乾牧草(hay)として使用されています。

 では、イネ科を代表し牧草の王様とも言われるチモシー牧草マメ科を代表するアルファルファ牧草(ルーサンとも言う=英読み)について説明しましょう。



▲ページトップ



チモシー牧草
 チモシー牧草は、ヨーロッパを原産のイネ科の多年草で、世界の冷涼地帯における最も重要な牧草の一つです。代表的な原産地として、アメリカではワシントン州を中心とする西部諸州であり、日本の場合は北海道です。
 チモシー牧草の主な特徴は、多くの草食動物に優れた嗜好性を有する点や、栄養素のバランスがとれている点、イネ科牧草の中では最も香りが良い点などです。
 チモシー牧草は、昭和48年頃まではほとんど北海道産に依存していました。しかし、昭和54年より特殊くん蒸を条件に、アメリカから本格的に輸入されるようになりました。
 その後アメリカ産の品質の高さが認められ、急速にシェアーを伸ばし、今やその地位は北海道産にとってかわるほどになりました。

丘の中腹よりエレンスバーグの牧草地の眺望
丘の中腹よりエレンスバーグの牧草地の眺望

 アメリカ産チモシー牧草の主な生産地は、ワシントン州シアトル市の東250kmに位置するエレンスバーグです。海抜500m、三方小高い丘に囲まれ、6月中旬から7月の刈り取り時期になるとほとんど降雨もなく、晴天のもと乾燥した風が牧草地の上を吹き渡ります。海に面し、湿度の高い北海道とは気候条件がまったく異なり、この晴天と風の力で乾燥日数が短くて済むため、緑色で香りの良い、嗜好性に富んだ乾牧草が収穫されます。


牧草地のスプリンクラーシステム

 チモシー牧草には、1番刈り牧草と2番刈り牧草があります。6月中旬から7月にかけて一回目の牧草の刈り取りが行われます。これが1番牧草です。  刈り取り後、約二ヶ月間で再び牧草が成長し、8月中旬から9月にかけて二回目の刈り取りが行われます。そこで収穫されたものが2番刈り牧草です。
気候に恵まれて成育が順調に進んだ年には、1番刈り牧草、2番刈り牧草とも刈り取り時期がそれぞれ早まり、その結果、三回目の牧草が9月下旬から10月上旬にかけて3番刈り牧草として収穫されます。


エレンスバーグでの牧草刈り取り風景



▲ページトップ


アルファルファ牧草
 

牧草の刈り取り風景(エレンスバーグ)

 アルファルファ牧草は、中央アジア原産の多年性牧草で、アルカリ性土壌に適することから、酸性土壌の日本では余り栽培されておりません。ほとんどがアメリカからの輸入品です。
 他の牧草に比べて、粗たん白質、カルシウムの含有率が高い点が特徴です。ただし食べ過ぎると弊害も生じますので、注意して給餌することが必要です。
 刈り取り回数は地域によって異なり、カリフォルニア州では年8回、ワシントン州では、年4回程度で、そのうち日本に輸入されるのは、1〜4番刈りのものです。葉部の部分が多く、感触が柔らかく、緑のものが良質とされています。

多年性牧草とは?
 牧草の種まきは、秋まきと春まきの2通りあります。チモシー牧草の場合、一度種まきされると6年〜10年そのままの状態で毎年牧草が収穫されます。
 このように、一度の種まきによって多年にわたり続けて収穫できますので、多年性牧草というわけです。しかし、4〜6年(地域と土地の状態によって異なる)を過ぎると雑草がはびこり、牧草地も衰えてきます。そのため、翌年から別の作物(麦類、豆類など)を作って、土地の更新を行い、2〜5年の後、再び牧草地に戻します。アメリカではほとんどの農家がこの転作(ローテーション)を行っており、これが良質の牧草が採れる一つの要因でもあります。


▲ページトップ



アメリカ産チモシー牧草のくん製について
 最近、ペットにおける食の安全性について、さまざまな問題が取り上げられています。
 また、ORIMITSUにも、チモシー牧草の「くん蒸」に関するお問い合わせが寄せられています。

くん製とは?
 ORIMITSUのアメリカ産チモシー牧草は、すべて、くん蒸されたものを輸入しています。
 「くん蒸」とは、農産物を密閉されたコンテナや倉庫に入れ、薬剤をガス化して行う消毒方法のことです。

なぜ、アメリカ産チモシー牧草を「くん蒸」するのか?
 アメリカ産チモシー牧草に、日本の輸入禁止植物「ムギワラ」および「カモジグサ」という、害虫のヘシアンバエが付着している可能性が高い草がまざっているためです。
 もし、日本でこのヘシアンバエが繁殖してしまうと、稲作や生態系に悪影響を及ぼし、取り返しの付かない事態になりかねません。
 日本では、1970年代より、アメリカ産チモシー牧草の輸入が始まりました。当初はこの「カモジグサ」の問題から輸入禁止となりましたが、その後、日米の植物防疫機関の合意により、「隣化水素」という薬剤でくん蒸を行うことで、輸入が再開されたという経緯があります。
 現在では、アメリカの農務省と、日本の農林水産省が指導するなか、ほぼすべてのチモシー牧草が、認定を受けたくん蒸施設を持つ輸出業者から日本へ輸出されています。

「くん蒸」は安全か?
 くん蒸で使用する「隣化水素」は、私たちが普段口にする雑穀類や、牛乳を生産する乳牛が食べる牧草に使用されており残留性の極めて低い安全な薬剤です。また残留ガスの検査が、日本へ輸出される前に全ての牧草について行われ、さらに日本に到着後も、植物防疫所によって適宜、植物検査が行われるしくみであることなどから、くん蒸された牧草の安全性は、非常に高いといえます。

「くん蒸」は大切なルールの一つ
 くん蒸された牧草は、人体はもちろん、ペットとして飼われているウサギ等にも影響はありません。
 くん蒸を行うのは、日本の農業や環境を守りながら、安全な牧草を安定的に輸入するために決められたルールの一つです。


USDA(アメリカ農務省)認定くん蒸施設


▲ページトップ



※掲載されている全ての画像・文章・データの無断転載、転用をお断りいたします。
織光商事株式会社
プライバシーポリシー